Orthodontic-
kids

小児矯正

小児矯正

【年齢】約3〜8歳の間
【期間】約半年〜1年

お子さまの気になる歯並びの矯正。
小児矯正は、お子様の歯の生え変わり時期と年齢によって処置の方法や期間が変わってきます。
詳しくご紹介します。

矯正診断が保険適用に

学校の歯科検診で歯並びで引っ掛かったお子様へ。
矯正治療が必要かどうかの診断が保険適応となりました。不安やご不明点、疑問点がある方はお気軽にご相談ください。
一度ご来院いただき、診断を受けられることをお勧めします。

予防矯正とは?

予防矯正

予防矯正(3〜8歳)とは、
取り外し可能な、柔らかい素材のマウスピースを使用し、
お子さまのお口の周りの筋肉と舌を鍛え、
正しい機能”に改善する機能訓練口腔筋機能治療(MFT)を行い、
大人の歯に生え変わった時に
綺麗な歯列へと導くための矯正治療です。

口腔筋機能療法(MFT)
とは?
MFT

口腔周囲筋の鍛えるためのワイヤーを使わない、
EFLineなどに代表されるマウスピースを
ご自宅で着けてもらいながら、
歯医者さんで指定されたプログラムに沿って
正しい呼吸・舌の位置・嚥下(飲み込み方)・姿勢
へと導くためのトレーニングを行う、
矯正治療のひとつです。

プレオルソとは?

プレオルソ

「プレオルソ」は、現役の歯科医師(矯正専門)が
開発した取り外しの出来る「マウスピース式矯正装置」です。

永久歯に生え変わる前に
使うと効果が高いと言われています。

こんなクセ・症状がある?

クセ・症状

・口が開いていることが多い
・外から舌が見えることが多い
・姿勢が悪い・猫背
・言いにくい言葉がある
・食事中に水やお茶をよく飲む
・よく咬まずに食べる
・固い食べ物が苦手
・食事中口を開けたまま咬んでいる

・食べこぼしが多い
・口臭がある
・すぐに風邪をひく
・匂いに鈍感
・アレルギー体質
・歯並びが悪い
・虫歯が多い

舌癖(ぜつへき)について

お子さまの行動で「口をポカーンと開けて舌が出ていたり」
「口を開けたまま食事をしたり」「飲み込む時に舌を出す」
動きをすることを舌癖(ぜつへき)と言います。

歯並びは、外側の唇や頬の筋肉と、
内側の舌の筋肉との圧力のバランスによって正しい位置を保っています。

舌の動きや位置が正しくない状態にあると
口腔機能(噛む、飲み込む、話す、呼吸、表情など)が正常に機能せず、
咬み合わせがずれていき、歯並びが悪くなります。(不正咬合)

小児矯正
外側の唇や頬の筋肉と、
内側の舌の筋肉との圧力のバランスが悪い状態
小児矯正
口腔筋機能療法(MFT)にて
正常なバランスに戻した状態

予防矯正の治療方法

口腔筋機能療法(MFT)の流れ
検査・診断
① 検査・診断

舌の動きや位置などを検査し、
治療が必要かどうか判断します。

② MFTトレーニング

通院は2~4週間に一度のペースで
1回のレッスンは約30分です。

舌圧子を使って舌の筋肉を鍛えたり、
スプレーで水を吹き入れて正しい飲み込み方の練習をしたり、
食べ物を使って噛み方・飲み方の練習をします。

MFTトレーニング
ご自宅でマウスピース装着&トレーニング
③ ご自宅でマウスピース装着&トレーニング

歯医者さんから教わった、
トレーニングをお父さんやお母さんと一緒に行います。

また、EFLineのマウスピースを毎日1〜2時間以上と、
就寝時に装着します。
装着時はお口をしっかりと閉じましょう。

④ 来院トレーニングチェック

トレーニングのチェックや
新しいトレーニングを練習します。

来院トレーニングチェック
検査・診断
① 検査・診断

舌の動きや位置などを検査し、
治療が必要かどうか判断します。

MFTトレーニング
② MFTトレーニング

通院は2~4週間に一度のペースで
1回のレッスンは約30分です。

舌圧子を使って舌の筋肉を鍛えたり、
スプレーで水を吹き入れて正しい飲み込み方の練習をしたり、
食べ物を使って噛み方・飲み方の練習をします。

ご自宅でマウスピース装着&トレーニング
③ ご自宅でマウスピース装着&トレーニング

歯医者さんから教わった、
トレーニングをお父さんやお母さんと一緒に行います。

また、EFLineのマウスピースを毎日1〜2時間以上と、
就寝時に装着します。
装着時はお口をしっかりと閉じましょう。

来院トレーニングチェック
④ 来院トレーニングチェック

トレーニングのチェックや
新しいトレーニングを練習します。

③・④の流れを繰り返し行います

小児矯正-第一期治療

小児矯正

【年齢】約9〜12歳の間【期間】約1〜3年

小児矯正(第一期治療9〜12歳くらいまで)とは、乳歯と永久歯が混在する時期のお子さまを対象とした治療となります。

この時期のお子さまは、身体自体が成長発育している時期ですので、上下の顎のバランスを整えやすいのが特徴です。

拡大装置を使用しする事で、永久歯がきれいに生え揃うよう、あごの成長を見ながら歯を動かす矯正治療です。

小児矯正の装置(床矯正・拡大装置)の
種類と使用方法
上顎の装置

小児矯正「上顎の装置」

ハイラックス(急速拡大装置)

ねじを回すことによって上顎の成長(側方、前方)を
促進させるものです。

下顎の装置

小児矯正「下顎の装置」

リンガルアーチ

歯の裏側にワイヤーを沿わせ、歯列を拡大したり、
個々の歯を動かしたりすることを目的としています。

小児矯正-第二期治療

クリアブラケット

【年齢】12〜18歳くらいまで

小児矯正(第二期治療12〜18歳くらいまで)とは、永久歯に生え揃ったお子さま、主に中学生から高校生のお子さまが対象の矯正治療です。

永久歯に生え揃った方が対象ということは、大人の方の矯正治療と同じということです。

第二期治療ではワイヤーとブラケットを使用し、歯並び、噛み合わせ、見た目の美しさを総合的にバランスのとれた歯列に整えていきます。

第二期治療の装置
第二期治療の装置
クリアブラケット

目立ちにくい透明のブラケットを使用した矯正装置です。
ワイヤーが白いものなどもございます。

診察時間

金曜日の診療時間:午前9:15〜12:00 / 午後14:30〜19:30
土曜日の診療時間:午前9:30〜13:15
※ 土曜午後・日曜・祝日は休診(受付は終了1時間前まで)
※ 診療時間は予約制ですので、初診・急患の方は事前にご連絡ください。
※ 初診の方、また月初めには保険証の提示をお願いしていますので、忘れずにご持参ください。

診療科目

一般歯科 ・ 予防歯科 ・ 小児歯科 ・ 歯周病 ・ 根管治療 ・ 入れ歯 ・ 義歯予防矯正 ・ 小児矯正 ・ マウスピース矯正 ・ 審美歯科 ・ インプラントホワイトニング ・ 顎関節症 ・ 睡眠時無呼吸症候群

ドクターの休み
  • ●Dr中野純嗣:木曜午後
  • ●Dr中野寛士:月・金曜・木曜午前
  • ●Dr安藤:水曜
  • ●Dr布谷:木曜
  • ●Dr大橋:火曜・16時まで勤務
  • ●Dr浅井:木曜午前・訪問診療担当
TOPに戻る
初診の予約
メンテナンスの予約